鉄道ファン必見

さよなら381系「くろしお」 さよなら振り子電車 国鉄時代からの車両が10月に引退 JR西

 しかし、コンセントや多目的室などはなく、車いす対応のトイレもなかった。装備の老朽化も進んでおり、振り子式による独特な揺れが乗り物酔いにつながるとの指摘もあった。

 これにより、くろしおの車両は全て昭和62年のJR発足以降に製造した車両となる。381系の車両は一部を「やくも」に用い、他は廃車になる予定。10月31日から導入される新型車両「289系」は、北陸線の特急「しらさぎ」の683系の塗装を変更し、一部の装備を変えたうえで導入される。

 同社は381系の引退に伴い、10月30日にラストランのイベントを計画している。担当者は「381系の長年のご愛顧に感謝するとともに、快適性が向上した新型車両をぜひ利用してほしい」と話している。

 またJR西は、現在京都・新大阪-白浜間で運転している「287系」について、新宮まで運転区間を延長する。

会員限定記事会員サービス詳細