ボクシング

前哨戦は亀田興の勝ち? 対戦者を急襲、「今のうちにベルトを磨いておけ!」と捨てゼリフ

【ボクシング】前哨戦は亀田興の勝ち? 対戦者を急襲、「今のうちにベルトを磨いておけ!」と捨てゼリフ
【ボクシング】前哨戦は亀田興の勝ち? 対戦者を急襲、「今のうちにベルトを磨いておけ!」と捨てゼリフ
その他の写真を見る (1/2枚)

 これが「亀田流」パフォーマンスか-。東京都品川区で31日、行われた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級王者河野公平(ワタナベ)の会見に、亀田興毅(亀田)が突然、乱入するハプニングがあった。両者は10月16日に米イリノイ州シカゴでタイトルマッチを行う。

 サングラス姿の亀田興が姿を見せたのは、まさに会見の真っ最中。いきなり河野に接近し、にらみ合った。あまりにも突然の出来事に戸惑いの表情を浮かべた河野に対し「今のうちにベルトを磨いておけ。今のままのボクシングじゃ勝てへんよ」と吐き捨て、記念撮影を拒否し会場を去った。

 会場となったワタナベジムの渡辺均会長だけでなく、試合を中継するテレビ局関係者ですら「知らなかった」と語るほどの急襲。亀田興に言葉を返せなかった河野は「本当にびっくりしました。チャンピオンとして負けたな、という感じ。でもボクシングはリングに上がってみないとわからないから」と謙虚に振り返った。

 渡辺会長は「これで視聴率がアップするんじゃないか。来てもらってよかった」と大人の対応を示した。

 亀田興は取材に対し、「これくらいやらないとボクシングが盛り上がらない」と語り、相手の印象については「普通にやれば自然とKOになる。力の差がありすぎるから」と日本人初の4階級制覇へ自信を示した。

 日本ボクシングコミッション(JBC)の処分で亀田興は国内では試合ができないため、米国での開催となった。破天荒な先制攻撃は勝負の結果にどう影響するか?