スポーツ異聞

キム・ヨナが朴大統領の握手を拒否? 動画炎上も「意図的に編集」指摘の報道も 

キム・ヨナが朴大統領との握手を拒否したとされる動画の映像(朝鮮日報のホームページから)
キム・ヨナが朴大統領との握手を拒否したとされる動画の映像(朝鮮日報のホームページから)

 韓国である動画が炎上している。8月15日の光復節の式典で、最前列に並んだ朴槿恵大統領が、隣に立つ「国民の妹」と呼ばれて絶大な人気を誇るフィギュアスケート金メダリストのキム・ヨナと手を結ぼうとしたところ、キム・ヨナが手の甲を向けて拒否するような様子などが映された動画が物議を醸しているのだ。朝鮮日報(電子版)などが報じている。韓国のネットユーザーは「明らかに朴槿恵(大統領)を避けている」などと追従するコメントが寄せられているが、朝鮮日報は「意図的な編集」がなされていると冷静に事態を分析する。そんな中、朴大統領の実妹の夫でシン・ドンウク共和党総裁は自らのツイッターでキム・ヨナを「国民の小豆ネズミ」と綴って批判していると韓国メディアが伝えた。

 韓国メディアのチャンネルAなどの動画によると、緊張ぎみの表情を浮かべたキム・ヨナは光復節の式典で、朴大統領の隣に立っていた。朴大統領が右手を差し伸べて手をつなごうとしたところ、手の甲を向けて、手をつなぐのを拒否したように見える。その後も、手を体の前で組んだりして、とても手をつなぐ親睦的な雰囲気ではなかった。

 この様子はSNSに掲載されると、あっという間に拡散したと朝鮮日報など韓国メディアが伝える。同紙は「SNSなどでは朴大統領をばかにする書き込みが多数掲載されている」と報じた。