元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(2)

「『強制連行』僕は使っていない」

植村「どこが間違っているんですか?」

阿比留「『日本軍に強制的に連行され』」という(部分)」

植村「これは産経新聞の記事ですね?」

阿比留「だから、うちが間違っているんですね」

植村「訂正かなんかやられたんですか」

阿比留「これは今日、初めて見ましたから訂正したかどうかはちょっと分かりません」

植村「これ、間違っているんですか」

阿比留「間違っていると思いますね」

植村「2回も書かれていますね?」

原川「別の記事ですか」

阿比留「これですね。この部分のことを言っているんですか」

植村「いやいや、その日本軍に…」

阿比留「あっ、こっちか」

植村「日本軍に強制的に連行、とありますよね」

阿比留「うん。間違っていると思います」

植村「間違っている! これは『金さんが17歳の時、日本軍に強制的に連行され、中国の前線で、軍人の相手をする慰安婦として働かされた』というのを書いた12月7日の産経新聞大阪版。これは金学順さんの記者会見の時の取材で書いていますね。これ間違っている?」

阿比留「うん」

植村「間違っている? これはね93(平成5)年8月(31日付の産経新聞大阪本社版)の記事。(記事を読み上げる)太平洋戦争が始まった1941(昭和16)年ごろ、金さんは日本軍の目を逃れるため、養父と義姉の3人で暮らしていた中国・北京で強制連行された。17歳の時だ。食堂で食事をしようとした3人に、長い刀を背負った日本人将校が近づいた。『お前たちは朝鮮人か。スパイだろう』。そう言って、まず養父を連行。金さんらを無理やり軍用トラックに押し込んで一晩中、車を走らせた」って出てるんですけど、これも強制連行ですね。両方主体が日本軍ですけど、それはどうですか」

会員限定記事会員サービス詳細