【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(2)】「『強制連行』僕は使っていない」(3/8ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(2)

「『強制連行』僕は使っていない」

植村「読めるんじゃないかなと。もう一つ質問させてほしいんですが、強制連行って、僕は使っていないと言うんだけど、阿比留さんはずっと強制連行だというふうに言ってる。ところで強制連行って書いたらまずいんですか」

阿比留「強制連行? まあ、主語が問題ですよね」

植村「まあ、主語というか、普通、『強制連行』とよく書きますよね、日本の新聞はね。金学順さんは、僕は強制連行と書いたつもりはないんですよ。だけど阿比留さんたちはいつも強制連行の被害者うちの一人と。じゃあ僕がもし仮に強制連行と書いていたとしてなんか問題があるんですか」

阿比留「要するに、ここが植村さんと後で話をしようと思ったんですけれども、要は主体がですね、軍や官憲による強制連行であるか、あるいは民間の業者や、女衒その他もろもろが無理矢理引っ張っていったと。無理やり引っ張っていったのを強制連行という言葉を使うとするとそれも強制連行になるんでしょうが。主語、主体が誰によるかによって全然話が違ってくると思っているんですね」

植村「なるほどね。全然話が違ってきて、そうすると、何が、軍が主体だったら強制連行、事実じゃないとかそういうこと」

阿比留「そうですね」

植村「ん~。民間業者は強制連行じゃないと」

阿比留「民間業者のことは、一般的に強制連行という言葉を使うかどうか分かりませんが、強制連行とまあ、仮に言っても構わないと思いますけども、一般的には使っていないですよね」

植村「軍がやる?」

阿比留「軍や官憲ですね。官憲というのはこの場合は主に警察を指しますね」

植村「なるほど。で、私の記事も軍や官憲が強制連行したみたいな書きぶりだったというふうに解釈された?」