大河原邦男展(下)

安彦良和が語る「ガンダム THE ORIGIN」裏話 「初めから大河原ありきではなかった」

 「ザク」がどういう経緯でデザインされたか、僕は知らないんです。ただ、一つ目というアイデアは面白いと思った。こういうと例は悪いかもしれないけれども、「ぬえ」にはないものが出てきたというか。

 大河原さんといえば「タイムボカンシリーズ」などのイメージが強かったので、どういう風になるのか見るまで分からなかったのですが、出てきたデザインは、割と曲線主体だったんですね。それが斬新だったと思います。

 基本的にはシンプルで、アニメーターとしてはありがたいなと思いました。ただ、実際に描いてみると、意外と手ごわい。今見ると、もっとうまいごまかし方があったのに…と思いますね。もっと関節などに遊びを持たせることで、うまく描けるのに、と。当時は発想が乏しかったから、かなり無茶なデフォルメをしているし、今見返すと、赤面ものですね。

「大河原さんありきではなかった」

 (自身が手掛けた)「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の場合、最初にどのデザインをベースにするかということで、かなり悩んだんです。大河原デザインではもう古いのではないか、という迷いが相当あった。若い世代やとがったデザイナーが続編などに参入しているときに、再び大河原デザインでいいのかと。決して初めから、大河原さんありきではなかったんです。

会員限定記事会員サービス詳細