郷土偉人伝

学生野球の父、飛田穂洲 「一球入魂」の精神で終生愛した白球

【郷土偉人伝】学生野球の父、飛田穂洲 「一球入魂」の精神で終生愛した白球
【郷土偉人伝】学生野球の父、飛田穂洲 「一球入魂」の精神で終生愛した白球
その他の写真を見る (1/5枚)

 「一球入魂」という言葉の発信源をご存じだろうか。精神を集中させ、全力を傾けて1球を投じる-。そんな意味をもつこの言葉は多くの野球少年らの心を打ち、目標や戒めとして掲げられてきた。提唱したのは、茨城県出身の飛田穂洲(とびた・すいしゅう)。「学生野球の父」と呼ばれる男だ。高校野球の誕生から100年の今年、その功績が注目を集めている。

 飛田穂洲は、本名を飛田忠順(ただより)という。その経歴は「茨城県立水戸一高硬式野球部OB会水府倶楽部」が平成23年に発行した「熱球一二〇年水戸中学・水戸一高野球部の軌跡」に詳しい。

 明治19年、現在の水戸市大場町で生まれ、豊かな自然の中で不自由なく育った。同35年に県立水戸中(現県立水戸一高)に入学。4年のときに主将になり、その時期、「水戸中の黄金時代」と呼ばれた。

 同40年、水戸中を卒業して早稲田大に入学した。そこで終生の師匠と仰ぐ早大野球部創設者で初代部長の安部磯雄と出会った。安部から受けた精神的影響は大きく、飛田は自らの野球観を築いていく。

 二塁手として活躍し、5代目主将になる。しかし同43年、早大野球部は来日した米シカゴ大との戦いで6戦全敗という記録的大敗を喫してしまう。飛田はこの敗戦の責任を取って、野球部の主将を辞任した。

 選手生活に終止符を打ち、大正2年に早大を卒業。同7年には読売新聞社に入社する。だが翌8年には退社し、早大野球部の初代監督に就任した。ときに32歳。収入の大幅な減少は承知の上で、野球の世界に戻ったのはなぜか。シカゴ大に大敗したことが忘れられず、雪辱を果たしたいという思いが強かったといわれている。

 飛田の課す練習は熾烈(しれつ)を極めたことで有名で、「千本ノック」という名称が生まれたほどだった。その成果か「早大野球部の黄金期」と呼ばれる一時代を築いた。そして大正14年、来日した宿敵のシカゴ大を10-4で破り、雪辱を果たして監督を勇退した。

会員限定記事会員サービス詳細