世界陸上

前田彩里選手「目標は入賞すること」 女子マラソン代表が会見

フォトセッションでポーズをとる(左から)伊藤舞、 前田彩里、重友梨佐 =現地時間28日午前、中国・北京の国家体育場
フォトセッションでポーズをとる(左から)伊藤舞、 前田彩里、重友梨佐 =現地時間28日午前、中国・北京の国家体育場

 【北京=丸山和郎】30日の女子マラソンに出場する日本代表の前田彩里(ダイハツ)重友梨佐(天満屋)伊藤舞(大塚製薬)の3選手が28日、北京で記者会見に臨み、意気込みを語った。

 3月の名古屋ウィメンズで2時間22分48秒の好タイムをマークした23歳の前田は初出場。「目標は入賞すること」と宣言しながらも、「レース展開は考えていない。いつも通り自分の走りができたらいい」とリラックスした表情で話した。

 ロンドン五輪以来の世界大会となる重友は「また世界で走れるチャンスをもらった。楽しんで走れるように頑張りたい」と話し、2度目の出場となる伊藤は「大きな試合の中で力を出し切ることが目標」と意気込んだ。

 8位以内に入った日本人最上位がリオデジャネイロ五輪代表に決まる。