川内原発1号機の出力上昇再開

 九州電力は27日、冷却系に海水が混入するトラブルで延期していた川内原発1号機(鹿児島県)の出力上昇を再開した。同日中に現在の75%から、95%まで出力を上昇させ、31日にも原子炉をフル出力させる「定格熱出力一定運転」に到達する見通し。

 川内1号機は11日に再稼働した後、14日に発電と送電を開始。段階的に出力を上げていたが、タービンを回した蒸気を冷やす「復水器」と呼ばれる装置で冷却用の海水を通す配管に漏れが見つかり、点検や修復作業のため、21日に予定していた出力上昇を6日間延期していた。

会員限定記事会員サービス詳細