【世界柔道】永瀬「2強」破って初の世界王者 苦戦続いた男子81キロ級に光(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

世界柔道

永瀬「2強」破って初の世界王者 苦戦続いた男子81キロ級に光

 井上康生監督も評価する豊富な練習量がこの1年の著しい成長を支えた。世界ランキング上位者で争う5月下旬のマスターズ大会を制し、団体戦の全日本学生優勝大会で筑波大に初優勝をもたらした。

 大叔父でもある1969年世界選手権銀メダリスト、平尾勝司さんの指導で柔道を始めたのは、6歳のとき。上達が早く、平尾さんに「ひょっとすると、ひょっとする」と期待を抱かせた少年は、ついに世界王者へと登り詰めた。(田中充)