故人を身近に…供養の仕方変化 納骨用品や遺影多様化 「遺フィギュア」も(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

故人を身近に…供養の仕方変化 納骨用品や遺影多様化 「遺フィギュア」も

故人を身近に…供養の仕方変化 納骨用品や遺影多様化 「遺フィギュア」も
故人を身近に…供養の仕方変化 納骨用品や遺影多様化 「遺フィギュア」も
その他の写真を見る (1/2枚)

 少子化などで墓の継承が難しくなり、故人の冥福を祈る供養の仕方が変化してきた。主流は従来の「○○家之墓(家墓)」にお参りする先祖供養だが、故人を身近でしのぶための納骨用品や遺影が多様化。遺影からリアルな人形(フィギュア)を作るサービスも登場した。

 ソフトウエア開発会社、ロイスエンタテインメント(大阪市)は今春、遺影1枚から起こしたデータを基に3Dプリンターで遺フィギュアを製作するサービスを始めた。価格は高さ20センチだと税別10万円。すでに10体以上を製作した。注文者は子供を亡くした親や若くして配偶者に先立たれた人が多いが、亡くなった祖父の代わりに自分の結婚式の式場に置いた人もいる。

 「ケースに入れ、身近な場所に置く人が多い」と古荘光一社長。生前に準備すれば本人の全身を3Dスキャナーで撮影でき、費用を抑えられる。終活が定着し、遺影撮影会が人気を集める中、注目されそうだ。