美の扉

軽やかに開かれた鑑賞空間 昭和の名建築…神奈川県立近代美術館鎌倉館

【美の扉】軽やかに開かれた鑑賞空間 昭和の名建築…神奈川県立近代美術館鎌倉館
【美の扉】軽やかに開かれた鑑賞空間 昭和の名建築…神奈川県立近代美術館鎌倉館
その他の写真を見る (1/6枚)

 古都鎌倉の象徴、鶴岡八幡宮の境内にその建物はある。戦後間もない昭和26年、全国初の公立近代美術館としてオープンした「神奈川県立近代美術館鎌倉館」(鎌倉市)。建築家、坂倉準三が設計した日本のモダニズム建築の代表作である。

 ハスに青々と覆われた平家池に、展示室のある2階部分がせり出すように建っている。それを、池に脚をつっこむような形で細い鉄の列柱群が支え、1階はピロティになっている。建物は中庭を囲んだロの字形。イサム・ノグチの彫刻「コケシ」が、その中庭で優しく来館者を迎え入れている。

 「鎌近」などと略称で呼ばれる同館は、八幡宮との借地契約満了に伴い来年1月末には展示活動を終え、同3月末に閉館する。建物は残るのか、残すとしてもどう使うかはまだ「八幡宮と協議中」(県教育局)という。国史跡・鶴岡八幡宮内にある美術館だけに厳しい制約があり、耐震工事の改修もままならないなど、八方塞がりの状況が続いていた。いずれにせよ、「鎌近」で美術鑑賞できるのはあと5カ月余り。

 「鎌倉からはじまった。1951-2016」。最後になる今年度、同館はこの通年企画展を展開している。開館からの65年間を3部構成で振り返るもので、今は昭和41~59年に焦点を当てた「PART2」を開催中だ。

会員限定記事会員サービス詳細