浪速風

アンクルトリスが先導した海外旅行

ヤシの木陰でアロハシャツ姿の「アンクルトリス」がフラダンスを踊る。柳原良平さんの訃報に接して懐かしいCMを思い出した。昭和36(1961)年の「トリスを飲んでハワイへ行こう!」は、山口瞳さんの宣伝コピーと柳原さんのイラストが絶妙にマッチした広告史上に残るキャンペーンである。

▶賞品は「ハワイ旅行積立預金証書」。当時はまだ、海外渡航は業務や視察、留学に限られていた。このため100名の当選者の多くは実際にはハワイに行かず、3年後の海外旅行の自由化を待たずに証書を現金化した。それでもアンクルトリスが海外への憧れをかき立てたのは確かだろう。

▶今年1~7月の訪日外国人客数が1105万余人に達し、過去最速で1千万人を突破した。大阪を訪れた外国人も前年の2倍近いペースである。なかでも中国人の増加が目立ち、街でキャリーバッグを転がす団体やカップルをよく見かける。中国にもアンクルトリスがいるのだろうか。