北朝鮮拉致

なぜ群馬なのか 辛光洙工作員、活動空白期の生活

【北朝鮮拉致】なぜ群馬なのか 辛光洙工作員、活動空白期の生活
【北朝鮮拉致】なぜ群馬なのか 辛光洙工作員、活動空白期の生活
その他の写真を見る (1/2枚)

 辛光洙(シン・グァンス)という名前の北朝鮮工作員がいる。地村保志さん(60)と妻の富貴恵さん(60)、原敕晁さん(79)=拉致当時(43)=を拉致した疑いがあるとして、日本の捜査当局が国際手配している容疑者だ。1970年代から80年代にかけ、日本各地を転々とし、工作活動を進めていた辛容疑者には、群馬県に潜伏していた時期があった。その時期に辛容疑者が何をしていたかは明らかになっていないが、拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」が7月に実施した調査からは、群馬が北朝鮮の工作活動の中継点としての役割を果たしていた可能性も浮かび上がる。

日本生まれ、朝鮮戦争にも参加

 辛容疑者は1985(昭和60)年2月、韓国で国家保安法違反の疑いで逮捕され、その後ソウル地裁で死刑判決を受けた。

 その判決文によると、1929年に静岡県で生まれた辛容疑者は戦後、朝鮮半島に渡り、朝鮮戦争に参加。71年に北朝鮮工作員として選抜される。

 73年7月、辛容疑者は石川県から密入国。工作員として生まれ故郷である日本の土を再び踏んだ。その後は日本各地で協力者を獲得し、工作活動を進める。そして北朝鮮本国で拉致指令を受け、80年6月に原さんを北朝鮮に連れ去った。

会員限定記事会員サービス詳細