靖国神社に高市氏ら参拝 超党派議連も

 安倍晋三首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に、自民党の萩生田光一総裁特別補佐を通じ、党総裁として玉串料を私費で奉納した。萩生田氏は参拝後、記者団に「首相は総合的に判断して参拝を見送った」と説明した。

 閣僚では高市早苗総務相、有村治子女性活躍担当相が同日午前に参拝。自民党の稲田朋美政調会長や古屋圭司前拉致問題担当相、小泉進次郎復興政務官らも参拝した。

 有村氏は参拝後、記者団に「国難の時に命をささげられた御霊に対し、心を込めて追悼、感謝の誠をささげた」と述べた。

 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)も同日午前に参拝。同会の各党議員は終戦記念日と4月の春季、10月の秋季例大祭に合わせて参拝している。

会員限定記事会員サービス詳細