一筆多論

「核持ち込み」言及した岡田外相 榊原智

 「核搭載米艦船の一時寄港を認めないと日本の安全が守れないならば、そのときの政権が命運をかけてぎりぎりの決断をし、国民に説明すべきだ」

 民主党の岡田克也代表が、鳩山由紀夫内閣の外相だった平成22年3月17日、衆院外務委員会で行った答弁(以下、岡田答弁)だ。

 鳩山内閣が非核三原則を見直さないことを表明したうえで、国防にどうしても必要が生じれば、非核三原則を一部撤回し、米軍が核兵器を日本へ持ち込むことを認める可能性に言及したものだ。

 核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則は法制化されていない政府の基本政策ではあるが、国是とされる。

 岡田答弁には「国民の安全が危機的状況になったとき、原理原則をあくまで守るのか、例外を作るのかは、そのときの政権が判断すべきことであり、今、将来にわたって縛るわけにはいかない」というくだりもあった。

 そこには、民主党政権の一部で志向された非核三原則の法制化を否定するニュアンスがある。

会員限定記事会員サービス詳細