「イスラム国」が化学兵器マスタードガス使用か 米政府高官、塩素ガスの情報も

 【ワシントン=加納宏幸】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は13日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が今週、イラクでのクルド人部隊との戦闘で化学兵器のマスタードガスを使った可能性があると報じた。複数の米政府高官からの情報としている。

 イスラム国はマスタードガスを、国連や化学兵器禁止機関(OPCW)が昨年、化学兵器を廃棄したとされるシリアで入手したとみられている。ただ、イラクで調達した可能性もあることから、米情報機関が分析中だという。国防総省は報道について「確認できない」としている。

 マスタードガスは付着すると皮膚がただれ、呼吸困難で死亡することもある。イスラム国は、シリアの廃棄リストに含まれていない塩素ガスの使用が疑われていたが、より毒性の高いマスタードガスの使用が事実とすれば攻撃能力が高まっている恐れがある。

 一方、ドイツ・メディアは13日、ドイツ軍関係者の話として、イスラム国がイラク北部でクルド自治政府の治安部隊ペシュメルガに対して塩素ガスを化学兵器として使用した可能性があると報じた。