暮らしのハテナ

わたしだけの大自然「水草水槽」 愛好者広がる

「小さな気泡が揺れてきらめくのも魅力」と話す塚本幸倫さん(左)と松之内星哉さん=京都市左京区の京都精華大
「小さな気泡が揺れてきらめくのも魅力」と話す塚本幸倫さん(左)と松之内星哉さん=京都市左京区の京都精華大

 室内の水槽で水草(みずくさ)を育てる「水草水槽」が人気を呼んでいる。水槽といえば金魚や熱帯魚を飼うイメージがあるが、水草を中心に自然の生態系を再現、自分だけの大自然づくりに挑んだり、緑の癒やしに浸ったりと楽しみ方もいろいろ。一部マニアの世界から飛び出し、愛好者を広げており、水草を本格的に扱うペットショップも登場している。(服部素子)

室内インテリア

 兵庫県伊丹市のペットショップ「ひごペットフレンドリー クラウンパーク伊丹店」。2階建ての店内の1階は犬や猫の関連グッズが中心だが、2階にあがると一変。フロアの半分、約300平方メートルに涼しげな水草の緑がきらめく、「アクアコーナー」が広がる。

 関西中心に17店舗を展開するひごペットフレンドリー(大阪府吹田市)では約3年前から、水草に力を入れ始めた。同社アクアコーナー部門長の加藤大和さんは、「室内インテリアとして、観葉植物を置く感覚で水草水槽を育てる人が増えてきました」と話す。

 扱う水草は、水槽の底を芝生のように覆い尽くす「グロッソスティグマ」や、明るいライトグリーンの「ニューラージパールグラス」など約150種。購入者の中心は30、40代の男性だが、フロアには水草を熱心に観察する若い夫婦らの姿も。魚が泳ぐだけの水槽を室内に置くのには抵抗のある女性も、照明に映える水草の緑に魅せられて水草ファンになっていくという。

会員限定記事会員サービス詳細