浪速風

五輪エンブレムも取り下げた方がいい

「ノームコア」のアイコン、スティーブ・ジョブズ氏。常にハイネックシャツにデニム姿だった=2011年3月、米サンフランシスコ(共同)
「ノームコア」のアイコン、スティーブ・ジョブズ氏。常にハイネックシャツにデニム姿だった=2011年3月、米サンフランシスコ(共同)

パブロ・ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。アップルを創業したスティーブ・ジョブズはこの言葉を引用して「だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むのに恥じることはなかった」。オリジナルを超える価値を創造した自信がうかがえる。では、こちらはどうか。

▶2020年東京五輪のエンブレムをデザインしたアートディレクターに、またも盗用疑惑が持ち上がった。ビール会社のキャンペーン賞品のバッグに「酷似したものがある」と指摘され、一部を取り下げた。「専門家を交えて調査している」というが、本人はわかっているはずだ。五輪エンブレムも撤回した方がいい。

▶前例がある。1970年の大阪万博のシンボルマークは桜の花をモチーフにしたが、最初に選ばれたのは別の作品だった。「インテリだけがわかるようなものはだめで、大衆性がなければいけない」。日本万国博覧会協会の石坂泰三会長の一声でひっくり返った。