宇都宮市、投資的経費300億円台に LRTなど公共事業

 宇都宮市は、平成28~32年度の中期財政計画を公表した。32年度の財政規模は今年度当初予算とほぼ同規模の1968億円と試算。歳入では市税の緩やかな増加が見込まれる一方、歳出では次世代型路面電車(LRT)や新清掃工場の整備など複数の大型建設事業が集中するため、28~31年度の投資的経費は300億円台を確保している。

 計画によると、歳入の約半分を占める市税の平均伸び率は、経済成長や収納対策などにより1・1%増を見込んでいる。地方交付税は、市税収入や地方消費税交付金の増加などで大幅に減少するとした。

 市税の急激な減収に対応できるよう、財政調整基金は100億円程度を確保することを目標とする一方、公共施設等整備基金を5年間で計135億円取り崩し、大型建設事業の財源として充てるとしている。

 今年度は250億円だった投資的経費は、28年度304億円▽29年度336億円▽30年度306億円▽31年度310億円-と推移し、32年度には220億円に落ち着くと見込んだ。27年度末に1233億円だった市債残高は、プライマリーバランス(新たな借金をせずに政策経費を賄えるかを示す指標)の黒字を堅持することなどで5年間で100億円程度圧縮し、1124億円とする見込み。

会員限定記事会員サービス詳細