【戦後70年】「隊員の精神は崇高なもの」特攻隊の魂、創作落語で伝える 三代目桂春蝶さん(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

戦後70年

「隊員の精神は崇高なもの」特攻隊の魂、創作落語で伝える 三代目桂春蝶さん

特攻隊を題材にした創作落語「明日ある君へ〜知覧特攻物語」を熱演する落語家の桂春蝶さん=7月10日午後、奈良県王寺町(南雲都撮影)
特攻隊を題材にした創作落語「明日ある君へ〜知覧特攻物語」を熱演する落語家の桂春蝶さん=7月10日午後、奈良県王寺町(南雲都撮影)

 先の大戦で命を散らせた旧日本軍の特攻隊員を「創作落語」に仕上げた落語家がいる。知覧基地(鹿児島県南九州市知覧町)から飛び立つ隊員を描いた「明日ある君へ~知覧特攻物語~」を演じる三代目桂春蝶(しゅんちょう)さん(40)。今年は戦後70年。「戦争を経て平和がある現代の命の尊さ」を伝えたいという。(今村義丈)

 「日本の未来をお前に託したぞ! この国の未来をよろしく頼むぞ!」

 7月10日、奈良県王寺町。高座に上がった春蝶さんが演じたのは、命と引き換えに出撃する特攻隊員が現代の若者に思いを託す場面。観客は涙をぬぐって引き込まれた。

 死に際にある祖父をベッド脇で看病しながら眠り込んだ現代の若者が目を覚ますと、周囲は飛行場。そこへ軍服姿の隊員が近づき、語りかけてくる-。約30分の演目は、隊員の思いが現代とつながっていることを実感させる内容だ。

 創作のきっかけは平成19年春。公演に出向いた鹿児島で「ぜひ見てほしい」という住民の声に押され、知覧特攻平和会館を訪れたことだった。

 陸軍の特攻隊員1036人の遺影と遺書が並んでいた。大半が10代や20代。《一足先へ御奉公仕(つかまつ)り皆様の御出(おいで)をお待ち致し居り候》《身は粉と散っても 私の心は必らず母上様の許(もと)に参ってゐます》…。言葉の重さに圧倒された。現代の噺家として、特攻の事実を伝える使命を感じた。

 亡き父、二代目春蝶はうつ気味で、家族に「死にたい」とよく漏らしていた。このため思春期は命の意味を深く考えた。隊員の言葉に心を揺さぶられたのは「自然なことだった」。

 隊員の心中の解釈は難しく、明快な答えを出せたわけではない。それでも噺の中では、隊員に「これ以上犠牲を出さぬため、われわれが全員死ぬ以外、日本が救われる方法はない。それがおれたち隊員が考える『守るべきものを守る』ということ」と語らせた。

 「知覧で見た出撃直前の写真には笑顔があった。家族や大切な人の幸せを願い、自分の死で誰かが助かるかもしれない。そう信じていたのでは」