総合製紙のAPP、インドネシアでフタバガキ科の苗木1万本植樹

APP幹部らとフタバガキ科の苗を植樹した国際熱帯木材機関のマ博士(中央)
APP幹部らとフタバガキ科の苗を植樹した国際熱帯木材機関のマ博士(中央)

 世界最大の生産能力を持つ総合製紙メーカー、アジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)が11日、インドネシアのスマトラ島リアウ州で、この土地に自生するフタバガキ科の苗木10000本を植樹するプロジェクトを始めた。

 植樹は昨年10月、同地を訪れた植物生態学では世界的権威の宮脇昭・横浜国立大学名誉教授による呼びかけで実現した。

 APPは今後、同社が取り組むインドネシア国内で100万ヘクタールの森林を保護・再生する計画と並行してフタバガキ科の植樹を進める。

(ジャカルタ 長谷川周人)