戦後70年〜昭和20年夏(6)

なぜシベリア抑留者は口を閉ざしたのか ソ連の「赤化教育」の実態は…「やらねば自分がやられる」

 密告した部下だった。山本は積年の恨みをグッとのみ込み、「君も何か言わないと帰国できなかったのだろう」と許した。山本は当時をこう振り返る。

 「人間ってのは怖い。追い詰められた人間の心理は本当に怖いよ…」

   × × ×

 ソ連は、共産党への忠誠を誓った「誓約引揚者」を優遇帰国させたが、日本を共産主義化させるというもくろみは外れた。確かに一部は60年安保闘争などで大衆扇動やスパイ活動に従事したが、多くの引き揚げ者は従わなかった。ソ連で共産党の残虐さと非人道性を嫌というほど味わったからだ。ただ、赤化教育のトラウマ(心的外傷)は生涯消えなかった。

 エニセイスクに収容された独立歩兵第78部隊第1中隊の秋元正俊(96)=栃木県日光市在住=も赤化教育の被害者の一人だ。

 秋元は昭和22年のある日、日本新聞で「ロシア語会話通訳試験」の記事を見つけた。ソ連には憎しみこそあれ共感はない。日本新聞もまともに読んでなかったが、「通訳になれば重労働から逃れられるかもしれない」と受験してみた。

 試験は、日本人試験官と簡単な英会話を交わしただけ。合格すると「レーニン・スターリンの原理」という分厚い本を渡され、1カ月半の講習を受けた。終了するとアクチブの証書とバッジを与えられた。

会員限定記事会員サービス詳細