モディ政権考

日印2プラス2対話格上げ実現、ハードル高く

 モディ政権は、今年、ベンガル湾で行われる米印海上共同訓練「マラバール」に、中国の反発を無視し、インド軍内に存在する反対意見を振り切って日本の招待を決めている。モディ首相が中国側の顔色をうかがって、日本との外交を決めるとは考えにくく、インド側は、対日関係が他国との関係に比べ突出することに抵抗感を覚えているといえそうだ。(ニューデリー 岩田智雄)