「歴史戦」英日対訳版

ケント・ギルバートさん「慰安婦問題は日本の立場を掲げて戦うべきだ」

【「歴史戦」英日対訳版】ケント・ギルバートさん「慰安婦問題は日本の立場を掲げて戦うべきだ」
【「歴史戦」英日対訳版】ケント・ギルバートさん「慰安婦問題は日本の立場を掲げて戦うべきだ」
その他の写真を見る (1/2枚)

 慰安婦問題を特集した本紙連載「歴史戦」の英日対訳版『History Wars』が産経新聞出版から発売されました。慰安婦問題に詳しい識者らは海外における情報発信の重要性から本書を高く評価しています。全国の書店や産経新聞販売店のほか、海外の書店でもご購入できます。

 ネットでのご購入など詳しくは産経新聞出版

■米カリフォルニア州弁護士 ケント・ギルバートさん

 「歴史戦」の英語版が出版されることをうれしく思う。米国やカナダ、オーストラリアなどで慰安婦像・慰安婦碑の設置計画がある市議会のメンバーは全員、本書を読んだ上で設置の是非を議論してもらいたい。

 海外の人たちは慰安婦問題を知らない。興味もない。70年前のことを何でいまさら持ち出すのかと思う程度だ。あまりにも無知なので、中国系の「抗日連合会」や韓国系の反日団体が「日本はひどいことをやった」といえばすぐに信じてしまう。「日本はやっていない」と否定しても、「朝日新聞が書いている。日本の新聞が認めている」となる。