空のあなたへ 日航機墜落30年(中)

夢の仕事、最後まで頑張った…客室乗務員の夫 息子と胸張り生きる

「力がいたおかげ」…妻への感謝の思い

 事故から22年後に力さんは結婚し、孫も生まれた。今では「よくここまで、いろいろ乗り越えてきた」と振り返る。

 そんな中、ふと思い出すのは真理子さんの母が過去に言っていたことだ。

 「まりちゃんは幸せだった。好きな人と一緒になって、好きな仕事をして、子供をもうけて、あんなことになったけど駆け抜けていった。唯一の心残りは孫の顔を見られなかったことね」

 真理子さんを失って30年がたち、心に染み入る。

 「力がいなかったら、ふさぎこんで生きていたかもしれない。ここまで来られたのは力がいたおかげ」。自分も息子を残してくれた妻に感謝を伝えたいと思う。

 ただ、雄一さんにも一つだけ心残りがある。

 「まりちゃんが乗務している姿を一度見たかった。お願いしても恥ずかしかったのか、便名を絶対に教えてくれなかった。やっぱりまだ見せてほしい」

 妻からの乗務サービスは天国に行くまでお預けだ。

 ◇ 

会員限定記事会員サービス詳細