芸能プレミアム

音楽と再び向き合う喜び 俳優、京本政樹

 しかし約5年で突然、音楽活動を休止する。「俳優業に集中していきたい」。大スターの大川から直接手ほどきを受け、生きざまに触れた20代の終わりの決意だったという。

 再び音楽活動を始めたのは芸能活動25周年を迎えた平成16年。熱心なファンからの「京さまの曲をまた聴きたい」という声におされて決めた。

 「一度は二兎を追うのをやめたんですが、こうやって、再びミュージシャンとして復活できた。幸せだと思います」と、今に続く歩みを静かに振り返る。

 そして現在、新たな目標があるという。「役者と音楽、どちらの世界でも、若い世代に何かを伝え、サポートするときだと思う」。そう言って優しく笑う姿にまた、色香が漂った。

文・安田奈緒美

写真・南雲都

きょうもと・まさき

昭和34年、大阪府生まれ。54年、NHKドラマ「車輪の一歩」でデビュー。その後、映画「里見八犬伝」などに出演し、一躍有名になった。今年4月、9年ぶりのシングル「Doubt~ダウト~」を発売し、デビュー以来初めての握手会を行った。

会員限定記事会員サービス詳細