あるか自民総裁選 動向注目の石破氏 「意欲あり」と見る向きも

無派閥連絡会夏季勉強会で講演する石破茂・地方創生担当相=5日午後、東京都港区(小野淳一撮影)
無派閥連絡会夏季勉強会で講演する石破茂・地方創生担当相=5日午後、東京都港区(小野淳一撮影)

 無風とみられていた自民党総裁選がにわかに動き始めた。9月末に党総裁の任期満了を迎える安倍晋三首相の再選は動かない情勢だが、注目を集めているのが、「ポスト安倍」の最有力候補の一人と目される石破茂地方創生担当相の動向。現職閣僚として政局的な発言を自重してきた石破氏だが、最近なって政権への牽(けんせい)制ともとれる発言を繰り出しており、「意欲あり」と見る向きもある。(力武崇樹)

 「一度は国会議員になってみたいとか、一度は大臣になってみたいとか、そんな話ではなく、何のために今の仕事をしているのかということは常に胸に問いかけなければならない」

 石破氏は5日夕、自身に近い自民党議員でつくる「無派閥連絡会」が都内で開いた夏季研修会でこう述べた。ある出席者は「総裁選のことを話すにはまだ早すぎるというだけだろう」と、その心中を推し量る。

 党幹事長時代は党内抗争を戒め、昨年9月の地方創生担当相就任後も政権への批判を控えてきた石破氏だが、安倍内閣の支持率が低下すると、発言に変化が現れてきている。