またも運転士が熱中症か JR和歌山線の運転士を救急搬送 奈良・五條では36・3度

 5日午後3時半ごろ、奈良県大和高田市高砂町のJR和歌山線高田駅で、ホームに停車中の奈良発和歌山行普通電車の男性運転士(31)が体調不良を訴えた。

 奈良県高田消防署は熱中症の可能性があるとして運転士を救急搬送した。

 JR西は別の男性運転士を手配したが、この影響で電車は約45分遅れ、約40人に影響した。

 県内ではこの日、五條市内で今年最高の36・3度を記録した。

 JRでは4日午後2時ごろにも、阪和線の特急くろしおの運転士が阪和線内を走行中に気分が悪くなり、紀伊駅に一時電車が止まったばかり。

 またJR東海では先月末に開催された株主総会で、運転士や車掌が熱中症とみられる症状になる事案が相次いだことから乗務員を気遣う質問が出た。今後も続くと見られる猛暑に、走行中の列車の乗務員に対する健康管理の問題がクローズアップされそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細