スタバが初のボトル缶コーヒー、サントリーと共同開発 - 産経ニュース

メインコンテンツ

スタバが初のボトル缶コーヒー、サントリーと共同開発

スターバックスとサントリー食品インターナショナルが共同開発したボトル缶コーヒー「スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス ロースト」 
スターバックスとサントリー食品インターナショナルが共同開発したボトル缶コーヒー「スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス ロースト」 

 米スターバックスとサントリー食品インターナショナルは4日、ボトル缶コーヒーの新商品「スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス ロースト」を共同開発し、25日から発売すると発表した。スタバのブランドでボトル缶コーヒーを売るのは初めてという。

 実際のスタバの店舗で使われているコーヒー豆を使用し、本格的で贅沢な味わいを引き出したのが特徴という。希望小売価格は275グラム入りで税別200円と、サントリー食品の通常のボトル缶に比べ60円程度高く設定した。

 ボトル缶で本格なコーヒーを味わいたい客層をターゲットに、発売後1年間で2400万本の販売を目指している。