プロが指南 就活の極意

「もっと勉強しておけば」「部活続けていれば」就活生が後悔する「7つの不安」

2.もっと大学時代に勉強をしておけばよかった

 就活は、サークルやアルバイトの話だけではなく、大学で何を学んでいたかという点も当然重要です。また就活の選考過程には、基礎学力を試される「SPI」や「テストセンター」などがあります。付属高校から大学に入学した人は、点数が取れない傾向があるため後悔する人が多いです。自身の専攻はもちろん、大学生であれば当然知っているレベルの基礎学力を求められるので注意して日々学びを深めてください。

3.英語を身に着けておけばよかった

 就活の成否において、英語力が必ずしも求められるわけではないですが、企業に提出する資料に英語力を明記させる箇所が多いので、後悔される人は多いです。上位の大学ほど留学に行く割合も多いため、長期休みを利用して1カ月程度の海外経験をする学生はかなりの数います。しかし、英語はほとんどの人が学んでいるので、珍しい言語を学習した人が、商社などの業種には受けが良いかもしれません。

会員限定記事会員サービス詳細