3号機最大重量のがれき、2日に撤去 福島第1原発

 東京電力は2日、福島第1原発3号機の燃料貯蔵プールに沈んでいる「燃料取扱機」(重さ約20トン)の撤去に挑む。プール内の最大のがれきで前例のない重量のため、東電は独自に専用の器具を開発した。万が一落下した場合、燃料の損傷など重大事故につながりかねないため、東電は屋外での全作業を一時中断する厳戒態勢で臨む。

 燃料取扱機は、燃料棒を原子炉に出し入れするものでプールの上に設置されていたが、平成23年3月の水素爆発で、プール内に落下して損壊。当初は全体で重さが約35トンあったが、水中カッターなどで切断するなどして取り出し、最終的に約20トンまで縮減できた。

 3号機プールのがれき撤去では昨年8月、「操作卓」(重さ約400キロ)と呼ばれる機器をクレーンでつかみ損ね、水中に落下させるトラブルもあった。

 今回の作業は、燃料取扱機の3カ所に専用の器具を引っかけて、2台のクレーンで引き上げる。作業中に誤って取扱機を落とせば、真下には燃料棒が566体あり損傷させる可能性もあるが、東電は緩衝材付きの板で一部の燃料棒を覆うなど対策を取った。

会員限定記事会員サービス詳細