TPP交渉 知財で米国が譲歩示唆 大筋合意の方向へ進む

 日米協議で、日本は米国産主食用米の無関税輸入枠を新設し、7万トンとする方向で調整。交渉筋は「近づきつつある」と手応えを示した。

 一方、日本は小麦の事実上の関税に相当する「輸入差益」を引き下げる見通しとなった。輸入差益は製粉会社などへの転売の際に輸入価格に上乗せしているもので、段階的に半分程度にする方向で関係国と調整している。米国などから引き下げを要求されており、一定の譲歩はやむを得ないと判断したもようだ。また、海外から輸入するクロマグロやサケ・マスといった水産物の関税も段階的に撤廃する方向で調整している。

会員限定記事会員サービス詳細