TPP交渉 知財で米国が譲歩示唆 大筋合意の方向へ進む

 【ラハイナ(米ハワイ州)=本田誠】米ハワイ州で開かれている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合は30日(日本時間31日)、3日目の協議を終えた。米国が最も難航している知的財産分野で譲歩する姿勢を示唆しており、交渉は大筋合意する方向で進んでいる。ただ、交渉の最終盤を迎えて、各国の利害をめぐる主張も先鋭化しており、閉幕が予定される31日まで厳しい調整が続きそうだ。

 30日は知的財産の交渉官による事務レベルの調整に時間がかかり、全体会合は当初予定よりも後ろ倒しとなった。会合では知的財産のうち産地と結びついた食品などの名称を保護する地理的表示を議論。会合後も知的財産の交渉官が閣僚に最終判断を仰ぐ合意案の作成を進めた。

 交渉筋によると、米国は譲歩とも受け取れる発言をしており、交渉はまとまる方向で動いているという。

 日本は米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアと事務レベルで2国間協議を進めた。甘利明TPP担当相は同日の記者会見で、「交渉を進展させた」と一定の成果があったことを認めた。

会員限定記事会員サービス詳細