【関西の議論】生理中も楽しく-「多い日も安心」だけでなく萌えるデザインのナプキン、カップルで憂鬱乗り切るアプリも(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西の議論

生理中も楽しく-「多い日も安心」だけでなく萌えるデザインのナプキン、カップルで憂鬱乗り切るアプリも

【関西の議論】生理中も楽しく-「多い日も安心」だけでなく萌えるデザインのナプキン、カップルで憂鬱乗り切るアプリも
【関西の議論】生理中も楽しく-「多い日も安心」だけでなく萌えるデザインのナプキン、カップルで憂鬱乗り切るアプリも
その他の写真を見る (1/2枚)

 多くの女性が憂鬱に感じている生理の期間を明るく楽しく過ごしてもらおうという動きが広がっている。生理用品メーカー各社は、人気タレントや雑誌の読者モデルがデザインしたしゃれた生理用ナプキンを次々と発売。また、生理期間を女性が1人で鬱々と過ごすのではなく、夫婦やカップルで乗り切ってほしいと、スマホのアプリも登場、注目を集めている。(木村郁子)

香り付き、ローラデザインのナプキンも

 ユニ・チャームは、講談社の女性ファッション誌「ViVi」とコラボレーションした生理用ナプキン「センターインコンパクト ViVi girlデザイン」を発売した。「女子史上最高にカワイイナプキン」をテーマに、ViViの読者モデル6人が、全体のパッケージと個別包装のデザインを考案。今年4月にウェブ上で人気投票を行い、マーブル模様に貝殻やヒトデなどマリンモチーフをあしらった「サマー・ヴィンテージ」を商品化した。人目に触れても、生理用ナプキンと一目では分からないデザインが特徴だ。

 昨年8月には香りつきの「センターインコンパクトフレグランス」を発売。また、タレントのローラさんデザインのナプキンも限定発売した。

 「生理用品は白い不織布に包まれていて、いかにも、という形に不満を持っている人が多く、デザイン性に富んだものが望まれていました。昨年のデザイン刷新で、今年の1月から5月は、前年比1・3倍の売り上げです」と同社商品広報担当の石黒直美さん。