現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

日本挑発する北方領土訪問計画 新潟県立大学教授・袴田茂樹

7月23日の露閣僚会議でメドベージェフ首相が、北方領土訪問の意向と国境防備のための島の軍備強化方針を打ち出し、他の閣僚たちにも訪問を強く誘った。日本への挑発的な言動である。この報道に接して、私は3年前の深刻な事態を想起せざるを得なかった。

韓国、中国へも飛び火

2012年7月末に、民主党の玄葉光一郎外相とラブロフ外相の会談がロシアで予定されていた。しかし7月初めに突然メドベージェフ首相が国後島を訪問し、しかも日本に対してきわめて侮辱的な発言をした。外交常識から見て当然、日本は外相会談をキャンセルするか延期すべきだった。

ランキング

  1. 【産経抄】5月26日

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  4. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  5. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  6. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  7. 【浪速風】はじめてのおつかい

  8. 【産経抄】5月25日

  9. 【長州正論詳報】「なぜ今、河合栄治郎なのか」湯浅氏が持論

  10. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

会員限定記事