調布小型機墜落

早川さんはANA社員 運航管理のオペレーションセンターに勤務

事故から一夜明けた小型飛行機が墜落した現場に集まる消防隊員=27日午前、東京都調布市(早坂洋祐撮影)
事故から一夜明けた小型飛行機が墜落した現場に集まる消防隊員=27日午前、東京都調布市(早坂洋祐撮影)

 東京都調布市の住宅街に小型飛行機が墜落した事故で、全日空は27日、搭乗者で死亡したとみられる早川充さん(36)が同社の社員であると明らかにした。

 同社によると、早川さんは羽田空港にある運航管理のオペレーションセンターに勤務しており、航空機の航路や速さなどフライトプランを決める仕事を担当していたという。

 小型機に搭乗していた理由については「週末予定はプライベートなことなので答えられない」とし、「長期休暇で持ち場を離れる場合は会社に申し出ることもあるが、今回が夏休みの期間に該当していたのかどうかも把握していない」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細