高校野球

「智弁和歌山の野球で暴れたい」…高嶋監督、早くも意欲

【智弁和歌山-和歌山商】優勝が決まった瞬間、喜びを爆発させる智弁和歌山の選手
【智弁和歌山-和歌山商】優勝が決まった瞬間、喜びを爆発させる智弁和歌山の選手

 全国高校野球選手権和歌山大会で甲子園切符を手にした智弁和歌山。早くも夢舞台へ意欲を見せる一方、敗れた和歌山商も悔いのない表情を浮かべた。

 高嶋仁・智弁和歌山監督「少ないチャンスを選手が確実に決めてくれた。甲子園では和歌山の代表として智弁和歌山の野球で暴れてきたい」

 西山統麻・智弁和歌山主将「昨年夏の決勝戦で敗れた分、勝てて本当にうれしい。甲子園では一戦一戦全力で臨み、全国制覇を目指す」

 田中誠蔵・和歌山商監督「強打の智弁和歌山を2点に抑えたが、点が取れなかった。毎回活躍する選手が変わる、いいチームになった。よくやってくれた」

 山田光一郎・和歌山商主将「実力は相手の方が上だから、気持ちだけでは負けないように戦った。打力が及ばなかったが、最後まで諦めずにやれた」

 仁坂吉伸・和歌山県知事のコメント「このたびの栄誉は、選手のみなさんが厳しい練習に耐え、ひたすら勝利に向かって積み重ねてきた努力と、それを支え応援してくれた方々の熱い思いが結実したものです。甲子園では、県代表として自信を持って試合に臨み、深紅の大優勝旗を和歌山に持ち帰られることを期待しています」

会員限定記事会員サービス詳細