台湾、尖閣「日本のもの」発言に反発 李登輝氏が指摘 「国を辱める言動」

 【台北=田中靖人】台湾の総統府は24日、訪日中の李登輝元総統が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を「日本のものだ」と発言したことについて、「主権を失わせ国を辱める言動で、受け入れられない」とする報道官談話を発表した。

 台湾は尖閣諸島の領有権を主張しており、談話は「いかなる国家であれ人であれ、この立場を否定することは絶対に許さない」とした。外交部(外務省に相当)も24日、領有権を主張する報道文を発表した。

 李氏は日本外国特派員協会での質疑応答で、尖閣諸島に関して「日本のもので、台湾のものではない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細