三菱重工などが長崎地区の工場を大規模再編 2年かけ主要事業を集約、売却工場も

 三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は23日、長崎地区の工場を再編すると発表した。防衛・宇宙、火力発電設備関連の製品ごとに製造場所を集約し、生産性向上を図り、技術やコスト、効率面で国際競争力を強化するのが狙い。2017年度末までに再編を完了させる。

 三菱重工の長崎造船所は防衛省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)向けの特殊機械事業を集約。製造基盤の強化と同時に厳格な情報保全体制を構築する。

 具体的には機械加工と艦船搭載機器の組立試験を中心に行う幸町(さいわいまち)工場(長崎市)の全事業を諫早工場(諫早市)に移転させる。防衛省向け水中機器と艦船搭載機器、JAXA向け宇宙機器の製造を集約し、長崎造船所にある管理・設計部門も諫早工場に移す。

 一方、MHPSの長崎工場は、飽の浦(あくのうら)地区、香焼(こうやぎ)地区、幸町地区に分散する蒸気タービン製造部門とボイラー製造部門の機能を1カ所に集約し、工場運営の効率化を推進する。