世界遺産登録

これでは慰安婦外交の二の舞ではないか! 「forced to work」は一般に「強制労働」と読む…

 朝鮮半島出身の元徴用工たちに対しても、日本人の立場から表明するとすれば、「貢献への評価」だったはずだ。韓国の外交攻勢に対して、日本側は最初から「時代が違う」と逃げることなく、「歴史にその貢献を刻む」と言ってのけ、堂々と渡り合うのが筋だったのではないか。

 外聞もなく外交攻勢に出た韓国側を凌駕(りょうが)し、国際社会を納得させられるほど、今回、日本政府が外交努力を尽くしたとは到底、思えない。

 玉虫色の文言で取りつくろえば、将来に禍根を残し、時代がたてばたつほど、傷口の修復が難しくなることは、これまでの日韓外交の結果が如実に物語っている。そうしたうわべだけの外交姿勢を最も嫌ったのが、安倍首相のはずだ。

 戦後70年談話や、きたる日韓首脳会談に向け、安倍政権には、今度こそ日韓外交の負の連鎖を断ち切ってくれることを期待したい。

会員限定記事会員サービス詳細