世界遺産登録

これでは慰安婦外交の二の舞ではないか! 「forced to work」は一般に「強制労働」と読む…

 細野氏は、韓国外務省のホームページにも「強制的に労働」とはっきり書いていると切り返し、「韓国政府が利用しないと言っても、戦時徴用をめぐる訴訟で利用されないと言い切れるのか」と迫った。「非常に大きな代償を払った可能性がある」ともたたみかけた。

 さらには、慰安婦問題をめぐり平成5年に出された当時の河野洋平官房長官談話を持ち出し、同談話の英訳にも「forced」という表現は使われていないとし、「これだけ踏み込んだのは問題だ」と主張した。

 答弁に立った安倍晋三首相は「河野談話と混同させる意図を感じさせる」と不快感を示した。続けて、強制連行を認めるかとの質問に「そうとらえてもらっても結構です」と答えた当時の河野氏と違い、今回、政府が「強制労働を意味しない」と明確に説明している点を強調した。

 「日本側の見解が間違っている」とは韓国政府も言っていないとも述べ、細野氏が韓国メディアの主張を論拠に質問していると突き放した。

欧米で「奴隷労働」報道、中国も注視

 河野談話では、「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」と踏み込んだ表現をしており、世界遺産委での日本側陳述が「河野談話を踏み越えた」との細野氏の批判はためにするものと言わざるを得ない。

 ただ、細野氏が指摘したように、韓国外務省のウェブサイトには、「韓国人らが本人の意思に反し動員され、強制的な労役を課されたとの歴史的事実に、日本が事実上初めて言及した」との説明が掲載されている。

会員限定記事会員サービス詳細