新国立競技場

森氏、白紙撤回「大変迷惑してる」「収容8万人にこだわったのはサッカー協会」 日本記者クラブ会見要旨

 「国立競技場の建て替えは、ラグビーのワールドカップ招致がきっかけになって政府は重い腰を上げた。レガシー(遺産)としての残るもの、すばらしい聖地をつくらなければならない。もう一つ、収容人数を8万人に一番こだわったのはサッカー協会だ。サッカーのワールドカップを誘致するには、8万人というのが約束事だ。そうした希望を受け入れたものをつくるのがスポーツファンのためにもなるだろうということで、新国立競技場の計画はできた」

 --新国立競技場の計画を見直すとしても、あまり圧縮しすぎてはよくないか

 「アスリートが必要なものはいっぱいあるから、はじめにこの額だよといってしまうとどうなのか。見直す以上は設備的に、施設的に落ち度のないものにしてもらいたい」

 --五輪を開催する7月は暑い

 「それは頭が痛いことだが、私はかつて安倍首相に2時間のサマータイムを導入したらどうかといったことがある。安倍首相は『みんな反対するのでねえ』といっていたが、それが先ごろ導入された「ゆう活(ゆうやけ時間活動推進)」ではないか。ただ、選手は暑いことを頭に入れた練習をしていると思う」

 --安倍首相が五輪の開催時も政権を運営している可能性は

 「これはなかなか大変な問題だが、個人的な感情をいえば、2020年の五輪の開幕宣言も安倍首相にやってもらいたいなという気持ちはある」

会員限定記事会員サービス詳細