ZOOM

アイドルの成長物語が若者に共感 アイドルアニメ「ラブライブ!」 巧みなメディア展開 

【ZOOM】アイドルの成長物語が若者に共感 アイドルアニメ「ラブライブ!」 巧みなメディア展開 
【ZOOM】アイドルの成長物語が若者に共感 アイドルアニメ「ラブライブ!」 巧みなメディア展開 
その他の写真を見る (1/2枚)

 アニメや映画、ゲームなど多様なメディアに展開するアイドルアニメ「ラブライブ!」の快進撃が続いている。普通の女子高生がアイドルとして仲間と努力し、夢をかなえる「成長物語」が若者の共感を集め、劇場版の週末観客動員数は3週連続で1位を記録。スマートフォン向けゲームやCDの売り上げも好調だ。人気の理由を探った。(本間英士)

興収20億円突破へ

 「ラブライブ!」は、ヒロインの高坂穂乃果(ほのか)ら9人の女子高生が、母校「音ノ木坂学院」の廃校を阻止すべく、アイドルグループ「μ’S(ミューズ)」を結成し、母校を歌やダンスでPR。先輩メンバーの「卒業」という限られた時間の中で悩み、葛藤しつつも仲間と困難を乗り越えていく-という物語だ。

 平成22年に雑誌の企画としてスタート。25年のアニメ化で人気に火が付き、スマホのアプリゲームは今月、国内のユーザー数が1100万を突破した。今月6~12日のオリコンシングルランキングでは劇場版の挿入歌が2位と5位を記録している。

会員限定記事会員サービス詳細