【安保法案】枝野氏「国民世論vs安倍首相だ」 民主党は「世論戦」の構え(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

安保法案

枝野氏「国民世論vs安倍首相だ」 民主党は「世論戦」の構え

16日夕、衆院本会議で安保関連法案が可決されたのを受け行なわれた抗議活動で演説する民主党の枝野幸男幹事長(左)=東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
16日夕、衆院本会議で安保関連法案が可決されたのを受け行なわれた抗議活動で演説する民主党の枝野幸男幹事長(左)=東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

 参院に舞台を移す安全保障関連法案をめぐる論戦で、民主党は国会外の「世論戦」を仕掛けることで、法案を廃案に追い込む構えを見せている。枝野幸男幹事長は19日のNHK番組で、「国会内の戦いだけでは勝ち目がないのは確かだ。『国民世論対安倍晋三首相』との構図で廃案に持っていく」と述べた。

 これに対し、自民党の高村正彦副総裁は「刹那的な世論だけに頼ってやっていたら自衛隊も創設できず、日米安全保障条約の改定もできていなかった」と述べ、本質的な議論よりも感情論を優先させるかのような民主党の手法を厳しく批判した。

 高村氏は、安保法案が衆院を通過した後の世論調査で内閣支持率が下落傾向にあることに関し、「支持率を犠牲にしても、国民を守るためにやるべきことをやってきたのが自民党の誇るべき歴史だ」と強調。感情論に頼ろうとする民主党を念頭に「自民党がポピュリズム政党といわれないゆえんだ」とも述べた。

 さらに「衆院の審議では質問時間を『野党9対与党1』と決め、法案の必要性を与党側の質問で十分引き出せなかった」と語り、参院では与党の質問時間を多く確保するよう求めた。