日韓国交正常化50周年でイベント、700人が文化交流 岸田外相「対話積み重ねる」

日韓国交正常化50周年でイベント、700人が文化交流 岸田外相「対話積み重ねる」
日韓国交正常化50周年でイベント、700人が文化交流 岸田外相「対話積み重ねる」
その他の写真を見る (1/7枚)

 日韓国交正常化50周年を記念したイベント「未来への架け橋」が19日、東京都内のホテルで行われ、両国の音楽や食をテーマにした文化交流が行われた。

 イベントには日韓の文化人ら約700人が参加。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された和食やキムチを楽しんだ。さらに、両国の伝統芸能を代表し、和太鼓や韓国舞踊が披露された。

 来賓として招かれた安倍昭恵首相夫人は、「以前は1年間で1万人だった両国の交流は、現在は1日1万人を超えるなど活発になっている」とあいさつ。岸田文雄外相は「日韓は隣国であるがゆえに難しい問題も生じているが、だからこそ、交流や対話を積み重ねていかなければならない」と述べた。

 20日には、歌手の天童よしみや韓国の音楽グループ「超新星」らによる記念コンサートが開催される。

会員限定記事会員サービス詳細