【台風11号】祇園祭・山鉾巡行の開催を決定 祇園祭山鉾連合会 - 産経ニュース

メインコンテンツ

台風11号

祇園祭・山鉾巡行の開催を決定 祇園祭山鉾連合会

台風の接近に伴い懸想品が外された長刀鉾=16日、京都市下京区(志儀駒貴撮影)
台風の接近に伴い懸想品が外された長刀鉾=16日、京都市下京区(志儀駒貴撮影)

 台風11号の上陸を受けて、京都・祇園祭の前半のハイライトとなる17日午前の山鉾巡行の開催について検討していた祇園祭山鉾連合会は同日、予定通り実施することを決めた。台風の影響で実施が危ぶまれたが、暴風警報が出ていないことなどから可能と判断した。

「雨へっちゃら、風は…作事方(さくじかた)に命綱」…見逃しても『後祭』も開催

 山鉾連合会の吉田孝次郎理事長は「雨はへっちゃらだが、風は経験したことがない。屋根にのぼる作事方(さくじかた)には命綱をつけるよう要請した」と話した。

 巡行は午前9時ごろ開始。長刀鉾(なぎなたぼこ)を先頭に計23基が京都市中心部の四条通などを進み、途中、稚児が四条通に張られたしめ縄を一太刀で切り落とす神事や、交差点では巨大な鉾を90度方向転換させる「辻回し」がある。

 昨年から復活した後祭は18日から鉾建てを始め、21~23日の宵山期間を経て、24日に山鉾10基が巡行する予定。