安保法案衆院通過

衆院本会議、与党の賛成で可決 今国会成立が確実

 本会議では衆院平和安全法制特別委員会の浜田靖一委員長が法案の審議結果を報告。続く討論で自公両党が賛成、民主、維新、共産各党が反対の立場で、それぞれ意見表明した。民主党の岡田克也代表は「憲法学者や歴代内閣法制局長官らが法案は違憲か、その疑いが強いと断じている。強行採決は戦後日本の民主主義にとって大きな汚点となる」と主張し、法案撤回を求めた。

 民主、共産、社民の3党は討論終了後に退席し、維新の党は自党の対案否決後に退席した。生活の党と山本太郎となかまたちは本会議を欠席。自民は村上誠一郎元行革担当相、若狭勝氏が体調不良を理由に本会議を欠席した。

会員限定記事会員サービス詳細