祇園祭から「ごみゼロ」発信 東京五輪での採用目指す

昨年の祇園祭・前祭の宵山期間中に行われた「祇園祭ごみゼロ大作戦」。リユース食器の導入・回収により、約15トンのごみ減量に成功した(実行委員会提供)
昨年の祇園祭・前祭の宵山期間中に行われた「祇園祭ごみゼロ大作戦」。リユース食器の導入・回収により、約15トンのごみ減量に成功した(実行委員会提供)

 京都・祇園祭で15、16日の歩行者天国に合わせて行われるリユース食器を使ったごみ減量策に、2020年東京五輪を控えた東京都が注目している。会場で出るごみの減量が重要課題の一つだからだ。大会組織委員会は具体策の検討はまだ先としているが、祇園祭の関係者は「五輪でも採用して」と話している。

 祇園祭は前祭(さきまつり)の宵山期間に当たる15、16日夜、山鉾(やまほこ)が並ぶ四条通や烏丸通などが歩行者天国になり、市街地の約0・6平方キロに約670店の露店が出て大勢の観光客でにぎわう。

 一方で例年、食品や飲料の膨大な容器包装ごみが路上に捨てられ、17日午前の山鉾巡行までに関係者が夜通しで清掃に追われる課題も。このため昨年から「祇園祭ごみゼロ大作戦」と銘打ったキャンペーンが始まり、NPO法人や清掃事業者などが実行委員会を組織して対策に乗り出した。

 主な取り組みは、リユース食器約21万食分の導入。再利用できるプラスチック製のトレーとカップを実行委が用意し、飲食物を販売する露天商に使ってもらった。合わせてボランティアが食器の回収とごみの分別収集にも当たった。

 この結果、平成25年は約50万人が来場し約57トンのごみが出たのに対し、26年は来場者が12万人増えたにもかかわらず、ごみは約15トンの減量に成功したという。

 これに着目したのが東京都。2020年東京五輪の各競技会場で、何らかのごみの減量対策を求められる可能性があるからだ。

会員限定記事会員サービス詳細