衝撃事件の核心

台湾で爆発事故起こしたカラーパウダー 日本でも流行 イベント中止も

【衝撃事件の核心】台湾で爆発事故起こしたカラーパウダー 日本でも流行 イベント中止も
【衝撃事件の核心】台湾で爆発事故起こしたカラーパウダー 日本でも流行 イベント中止も
その他の写真を見る (1/5枚)

 「カラーパウダー」と呼ばれる色とりどりの粉を浴びるイベントが国内外で人気を呼んでいる。長距離走や音楽イベントなどの演出として用いられるケースが一般的だが、台湾ではカラーパウダーへの引火が原因とみられる爆発事故も発生。安全面での課題も浮き彫りとなっており、使用時の基準づくりを行うべきとの専門家の指摘もある。

「どれだけ色に染まったかが楽しい」

 カラーパウダーはコーンスターチ(トウモロコシから抽出されたデンプン)などをさまざまな色に着色した粉。吸い込んだり、食べたりしても人体に直接的な影響はないとされている。

 イベントではこのカラーパウダーを手でまいたり、容器に詰めて噴射したり、といった演出に使われるケースが多い。一般的に知られているのは、参加者がさまざまな色のパウダーを全身に浴びせられながら、規定コース(5キロなど)をランニングするといった内容だ。「どれだけ色に染まったかが楽しい」(参加者)という。

会員限定記事会員サービス詳細